燻製ガイド

燻製ガイド燻製グッズ自作スモーカー(燻製器)の作り方>ダンボールで燻製

ダンボールで自作燻製器

ダンボールを使うだけで、本格的なスモーク(燻製)が可能になるなんて!自作スモーカーでも人気のダンボール燻製器の作り方を解説。
中華鍋などでは難しい温燻もダンボール燻製器なら簡単!

スポンサーリンク

ダンボールで燻製!

この自作スモーカーで可能な燻製
熱燻:△~○(熱源でダンボールが燃えないように注意が必要です)
温燻:○
冷燻:×~△(作り方工夫が必要です)

必要なもの
・ダンボール(適当な大きさでOK。あまりに小さいのは不向き)
・ダンボールのサイズよりも小さい金網
・菜箸のような細長い棒×2
スモークウッド

ダンボールはコンビニやスーパーでもらえるので比較的丈夫なやつをもらいましょう。

 

ダンボール燻製のやり方

1.ダンボールを地面に置きます。

2.食材をおきたい位置に菜箸などの棒を外側から刺して反対側を突き抜けるようにします。それを同じ高さで2本作り、網を載せる台を作ります。棒はできるだけ端の方に刺して網が安定するようにします。

3.菜箸(棒)の上に網をおいて、手で加重をかけて食材を載せても安定するかを確認しましょう。

4.金網にスモークしたい食材をおき、地面にスモークウッドを置き火をつけます。

 

自作するのは面倒という方へ

ダンボールで手軽に燻製ができるようなキットも販売されています。

ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス

ダンボールタイプのスモーカー。燻製に必要な道具の多くがセットになっている。ダンボールと言っても1度きりの利用ではなく何回も使えます。
>>ソト(SOTO) 燻家 スモークハウス

 

スポンサーリンク