燻製ガイド

燻製ガイド燻製の基本燻製材の種類と特徴>スモークチップ

スモークチップ

スモークチップは、燻製材(木材)を細かく粉砕してチップ状にしたものです。色々なブレンドなども可能ですが、そのまま火はつかないので、炭や電熱器などの熱源が別途必要になります。


スポンサーリンク

スモークチップの使い方

スモークチップは皿などにもって、熱源(電熱器や燃えた炭など)をおいて煙を出します。スモークチップ自体に火をつけても燃えないので必ず別の熱源が必要になります。

あまりに火力(熱源)が強い場合はスモークチップに火がついてしまうこともあるので注意が必要です。

鉄製の皿の上にチップをおいて、下から熱源で加熱することで煙を出すことができます。調整は難しいですが、チップの中に火がついた木炭などを入れて使うこともできます。

加熱することになるので、「熱燻」に良く利用されます。

 

スモークチップのメリット

スモークチップはウッドと比較して、安価であるという点がメリットです。また、複数の種類のチップを混ぜあせて使うこともできます。
また、テクニックとして、チップに「ザラメ」「リンゴの皮」「オレンジの皮」などを加えるようなこともできます。

また、スモークウッドと違ってきわめて短時間の燻製にもチップは適しています。量をある程度自分でコントロールできるところもうれしいです。

 

おすすめのスモークチップ

私はSOTO(新富士バーナー)のスモークチップを使っています。チップは沢山の種類があると管理が面倒(湿気ることもある)なので、1種類だけを利用しています。
使っているのと無難な「サクラ」です (燻製用木材の種類と特徴)。

 

スモークチップといえばやはりサクラでしょう。特にベーコンの時は欠かせませんね。

 

 

スポンサーリンク