燻製ガイド

燻製ガイド燻製の基本燻製材の種類と特徴>スモークウッド

スモークウッド

スモークウッドは、燻製材の木材を固めて棒状にしたものです。火をつけることでそれ自体が燃えて煙を出しますので非常に便利です。また、熱源を必要としないため、冷燻には欠かせません。


スポンサーリンク

スモークウッドの使い方

スモークウッドの使い方は簡単です。必要な大きさに折って片側に火をつけます。それ自体が適度に燃えてくれるので他に熱源は不要です。
もちろん、スモーカー内の温度があがらない場合には別途熱源が必要になる場合もありますが、逆に温度上昇をさせたくない冷燻の場合にはスモークウッドが必須です。

スモークウッドに火をつけるときは、ライターで火をつける方法もありますが、トーチなどがあると便利です。(トーチがなくて火がつかない場合はガスコンロなどを使う手もあります)
途中で火が消えてしまう場合は着火不足です。

 

スモークウッドのメリット

スモークウッドのメリットは第1に熱源が不要であること。第2に大まかな燻製時間が決まっていることです。メーカーによって異なりますが、私がよく使っているスモークウッドの場合は1本で約4時間燻煙を出してくれるので時間管理が非常にやりやすいです。

 

おすすめのスモークウッド

管理人がイチオシするスモークウッドは「進誠産業」という会社のスモークウッドで立ち消えしにくく、着火しやすうえ、香りも良く、燻製時間に応じてサイズも選べるのが最大の魅力です。

私がいつも買っているのは下で紹介している楽天のお店です。
進誠産業のスモークウッドを一番安く買えるお店だと思います。

Amazonでも買えますが、Amazon価格は少し高いようです……。

 

ミニサイズで短時間の燻製用にお勧めです。小型の燻製器ならこれでも十分の煙がでます。大サイズよりも熱がでずらいので冷燻用にもお勧めです。

>>進誠産業 スモークウッド 5点セット

標準サイズのスモークウッドです。
1本だとおよそ4時間燻煙がでます。
煙が沢山欲しい時や火力が必要な場合は両端に火を付けるのもおすすめです。

>>進誠産業 スモークウッド ロング)

 

 

スポンサーリンク