燻製ガイド

燻製ガイド燻製の基本燻製の種類>熱燻法

熱燻法

80度以上の高温で1時間程度の短時間、スモークする方法を熱燻法といいます。保存性はほとんどなく、煙をかけた食事としての意味合いが強いです。素材の水分は多く残っているのでジューシーです。
小型のスモーカーでも対応でき、キャンプなどのアウトドアでもこの熱燻法による燻製が多く見られます。


スポンサーリンク

熱燻法による燻製

熱燻法による燻製は主に、素材に燻煙をかけることによる風味付けといった意味合いが強い手法です。
80度~130度ほどの高温での煙による蒸し焼きといったイメージです。高温での燻製ですので燻煙をかける時間も数十分から1時間程度です。

スモーカー(燻製器)を使う方法もありますが、中華なべの底にスモークチップを入れてその上に網を置き、そこに素材を乗せて火にかけていぶすと言う方法もアリです。
燻製器を使う場合には、炭や電熱器などで熱源を用意してあげる必要があります。

 

熱燻法による代表的な燻製

熱燻法による燻製はチキンや魚などを丸ごと調理する場合などのアウトドア料理として利用されることが多いです。
ちょっとした香り付けとしても行われます。「温燻」「冷燻」と比べて、燻製というより調理法として使われます。

手軽にスモークを楽しみたいという場合には熱燻のほうがお手軽に作ることができます。 今晩の夕食に一品燻製料理を加えたいな。といった場合には熱燻による調理法がオススメです。

スモークしすぎるとかなりくどくなってしまうので時間はやや短めくらいにやる方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク