燻製ガイド

燻製ガイド燻製の基本燻製の種類>温燻法

温燻法

一般的に燻製という場合はこの「温燻法」のことを指す場合がほとんどです。ほとんどの燻製はこの温燻法で行われます。熱燻法よりもジューシーさでは劣りますが、数日間の保存は可能です。


スポンサーリンク

温燻法による燻製

温燻法は燻製における最もスタンダードな手法です。50度から80度くらいの温度で燻製をするもので、当サイトで紹介する燻製レシピのほとんどはこの温燻法によるものとなります。

熱燻法と比較すると、煙をかける時間も長く、水分も5割ほど失われますので保存性は増しますが、それでももって数日~1週間程度となります。冷燻法と比較すると保存性は低いので、作ったらすぐに食べてしまいましょう。

 

温燻法による代表的な燻製

ベーコンロースハムソーセージなどの燻製の中でも代表的な料理の多くがこの温燻法で作られます。

特別な燻製を除いて多くのスモークはこの温燻により作られます。ぜひマスターしておきたい燻製法といえます。

 

スポンサーリンク